レンタルオフィスとサービスオフィスの違いを教えてください!

レンタルオフィスとサービスオフィスの「違い」とは?

レンタルオフィスとは、仕事をする上で必要な空間や情報機器を揃えたオフィスの呼称で、賃貸契約を結ぶことで住所利用や登記が可能となります。

これに対してサービスオフィスとは、通信環境やワークスペースだけでなく、会議室や休憩室、立派なエントランスなどの「共用施設」を充実させたオフィスの総称です。

近年では、「ラグジュアリーな環境に事務所を構えた方が、顧客からの信頼性も高まる」という考え方により、多くの人がトータル的な設備の整ったサービスオフィスを利用するようになりました。

特に弁護士や社労士などの士業の方々は、「顧客の信頼を高める事務所選び」という意味でも、貸しオフィスの雰囲気やレセプションサービスなどを重視する傾向があるようです。

名称よりも内容重視で探しましょう!

近年オープンしているレンタルオフィスでは、サービスオフィス同様の設備やサービスを提供するところが増えているため、この両者における違いは縮まってきています。

またレンタルオフィスと称しながらもラグジュアリーな空間提供をコンセプトにしている事務所も急増していますので、カテゴリに囚われず自分のニーズに合った場所を選ぶことが最も理想的だと言えるでしょう。

ほとんどのオフィスで行われている内見を利用すれば、ネットでは収集できない実情もチェックできますので、進んで足を運んでみてください。

こちらのような基礎知識についてまとめているサイトがなかなか無いのが、この分野なのですが、
以下のサイトで紹介されています。参考にされてはいかがでしょうか?
参考情報:サービスオフィス・レンタルオフィスのお役立ち情報はこちら